shutdown

shutdownは、Windowsパソコンを再起動やログオフ、シャットダウンなどを行うためのコマンド。

gzip

gzipは、.gz形式でファイルを圧縮(展開)をする。圧縮されたファイルは「ファイル名.gz」となる。

tar

tarは、.tar形式のアーカイブを作成(展開)をする。

ln

lsは、ハード・リンク、またはシンボリック・リンクを作成する。

chown

chownは、ファイルやディレクトリの所有者、又はグループを変更する。

chmod

chmodは、ファイルやディレクトリのパーミッション(アクセス権)を変更する。

chgrp

chgrpは、ファイルやディレクトリの所属グループを変更する。

clear

clearは、画面をクリアする。

rmdir

rmdirは、ディレクトリを削除する。

mkdir

mkdirは、ディレクトリを作成する。

mv

mvは、ファイルやディレクトリを移動・変更する。

cp

cpは、ファイルやディレクトリをコピーする。

cal

calは、カレンダーを表示する。

less

lessは、ファイルのなかみを一画面ごとに表示する。

ip

ipは、iproute2パッケージに含まれるネットワーク関連(ip address、route、arp)を表示、操作するコマンドです。

nmcli

nmcliは、ネットワークの設定・変更をコマンドベースで行うコマンドです。

nmtui

nmtuiは、ネットワークの設定・変更をテキスト形式のGUIで行うコマンドです。

systemctl

systemctlは、システムやサービスの起動・停止・再起動・確認などを行うサービス管理系コマンドです。

groupadd

groupaddは、新規グループを作成する。

passwd

passwdは、ユーザーアカウントのパスワードを設定する。

useradd

useraddは、新規ユーザーアカウントを作成。

cat

catは、ファイルのなかみを表示する。

ls

lsは、カレントディレクトリ内のファイルを表示する。

cd

cdは、カレントディレクトリを相対パスを使用して変更(移動)する。

pwd

pwdは、カレントディレクトリの絶対パスを表示します。

nbtstat

nbtstatは、nbt(NetBIOS over TCP/IP)技術を使用して、「NetBIOS名 – IPアドレス」という名前解決の状況確認、及びプロトコルの系統と現在のTCP/IPネットワークの接続状況を調べるコマンド。

ipconfig

ipconfigは、TCP/IPに関する設定情報をネットワークアダプタ単位で表示するコマンド。

netsh

netshは、ネットワークに関わる情報の設定や変更するための多機能なコマンド。

tracert

tracertは、対象のホストまたはIPアドレスに至るまでの、ネットワーク経路情報を表示するコマンド。

route

routeは、IPパケットをルーティングするためのルートテーブルの表示やルート追加、削除、変更を行うためのコマンド。

ping

pingは、対象のホストまたはIPアドレス対して32バイトのIPパケットを送り、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかの疎通確認を行うためのコマンド。

netstat

NETSTATは、ホスト名の各ポートの使用状況、EthernetおよびIP/TCP/UDP/ICMPの各プロトコルの統計情報、およびルーティングテーブルや各ネットワークインターフェースを表示するためのコマンド。